2009年04月17日

続パリ4日目

atta_paris_0903171.jpg
ちょっと間があきました、フランス続けます。

3/17

午後は、まずインディペンデント現像所の見学です。
lab minableへ。

入り口は、植物園の様な良い雰囲気の半屋外の建物、
現像所は、その地下にあります。
文字通りアンダーグラウンド現象所。

中に入ると、早速、大物の機材だらけで圧倒されます。
オフィススペース(そこも資料と機材でみっちり)だけでも、
50平米くらいの広い空間で、その他に、オプチカルプリントや現像、
編集、工作室、映写室などそれぞれに部屋が分かれていいます。
どの部屋も機材やいろんな資料や、フィルムでいっぱいで壁が無い。

案内してくれたのは、運営をしていて、映像作家でもあるニコラさん。
またしても、とても親切で良い方でした。
35mmのオプチカルプリンタや現像処理器など、いろいろな機材を
解説していただきました。
ここで、ぼくが触った(見たことの)ある機材は、
16mmオプチカルプリンターのJKだけ。写真上から8枚目
コンピューターでの制御が可能で、400巻きのカートリッジ付き、
ほこり防止の為のビニールハウスみたいなのを装着していました。
これはナイスなカスタム!
あとやっぱり、移動のレールには定規がくっつけてあります。
その他の機材も、とても実用的に改造されていて、これを全て1人で
管理しつつカスタマイズしつつ運営しているというのに、
本当に驚かされました。

ここもNPOなのですが、ニコラさんも基本的には現像所がお仕事。
やはり、こういう創作活動を継続していける為の、文化事業に対する
支援や仕組みが充実している国なのだと、感慨深いものがありました。

石造りの建物の地下なので、結構寒くて、みんなで少し凍えながら
コーヒーを一杯ご馳走になって、お土産はlab minableオリジナルの
フィルムラベルのコースターやチラシをいただきました。
ニコラさんは、この夜の上映を見に来てくれるそうです。
ありがとうございました!

さて、とても気持ちの良い天気の中、鉄道でパリ中心部へと移動です。

ani
posted by atta at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月02日

パリ4日目

atta_paris_03171.jpg
フランスの旅日記、続けます。

3/17

本日は、現像所の視察と夜はいよいよパリ上映です。

と、その前に、朝は食材の調達に2度目の朝市。
前回とは、また違う市場へ。
並木通りの中央分離帯に、多分、5、600mはあったと思うけど、
なが〜い露店の市場です。
因に前回の市場は、住宅街にぽっかりある広場の中でした。
明日の朝食とナントまでの鉄道で食べるお弁当の食材を調達。
いろんなオリーブとか、みたことない豆とか魚とか、
食べてみたいものは沢山あるなぁ。

帰り道、公園を通ると桜が咲いていました。

お昼ご飯は、イワシのしょうが煮と
フランス産の野菜で作ったあったかうどん。
具のきのこは、白いマッシュルームでした。

食べて出発

ani
posted by atta at 05:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

twin polar bears

atta_shirokuma.jpg
posted by atta at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

記録

atta_080331.jpg
atta Galleryでは、開催した企画のドキュメントを、
ビシッと!バシッと!残してゆきます。
目標は、企画を数回重ねた後に、
カッコいいドキュメントブックの制作なのです。

タケダくんは、新調したデジカメ一眼で、
ぼくはムービーで記録制作しています。

今回の樫見さんの作品、
記録撮影のスキルアップには最適です。
(樫見さんこんな言い方でごめんなさい…)

あらためて、今回の企画はGalleryのオープニングとしても
特徴的な展示内容で、とても有意義な展覧会になりました。

作家の樫見さん、ご来場いただきました皆様、
本当にありがとうございました。

attaは、今後もスローペースで、個性のある企画を
進めてゆこうと思っています。

今後とも長い目で、attaの活動にご注目いただけると幸いです。
どーぞよろしく。

ani
posted by atta at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記